bookmemo2017’s blog

読んだ本の記録

★-LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 100年時代の人生戦略(リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット )

★おすすめの本です。

 

 

誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。目前に迫る長寿社会を楽しむバイブル。世界で活躍するビジネス思想家が示す、新しい人生のビジョン。みんなが足並みをそろえて教育、勤労、引退という3つのステージを生きた時代は終わった。では、どのように生き方、働き方を変えていくべきか。その一つの答えが本書にある。100歳時代の戦略的人生設計書。

 

 

MITのエリック・ブリニョルフソンとアンドリュー・マカフィーはこう指摘した。「コンピューターやその他のデジタル技術の進歩が人間の知的能力に及ぼす影響は・・・蒸気機関とそれに続く発明の数々が人間の筋力に及ぼした影響と同じだ」

 

 

もっと柔軟性をもって、将来に方向転換と再投資をおこなう覚悟をもっておくことだ。アメリカの小説家ポール・オースターはこう述べている。「あらゆる事態に備えていないということは、まったく備えがないのと同じだ」

 

 

お金が重要でないわけではない。無形の資産をお金で買うことはできないにしても、無形の資産に投資するためには、お金があり、経済的安定を実感している必要がある。健康維持のためにスポーツジムに入会したり、家族で休暇を楽しんだり、愛する人たちと余暇を過ごすゆとりを感じたりするには、お金をもっているほうがいい。また、お金が無形の資産を支えるだけでなく、無形の資産が金銭的資産づくりを支える面もある。この相互関係は非常に重要だ。100年ライフに備えるためには、二種類の資産のバランスを取ることが欠かせない。

 

 

科学会の考え方は変わりつつある。筋肉を鍛えるように、脳を繰り返し使用して訓練を積めば、機能を高めたり、ダメージからの回復を後押ししたりできるというのだ。逆に、使わなければ、脳は次第に衰えていく。

 

 

マルチステージの人生を生きるためには、これまで若者の特徴とされていた性質を生涯通して保ち続けなくてはならない。その要素とは、若さと柔軟性、遊びと即興、未知の活動に前向きな姿勢である。

 

 

社会学者のアンソニー・ギデンズはこう述べている。自分の人生を自分で決めれば、リスクは避けられない。多様な選択肢に向き合わなくてはならないからだ。このとき個人に求められるのは、必要ならば過去とほぼ決別し、既存の行動パターンが指針にならない新しい行動を検討する覚悟をもつことである。

 

 

見て見ぬふりしていた未来をみました。

★-ガーデン(千早 茜)

★おすすめの本です。

 

 

植物になら、惜しみなく与えられるのに。花と緑を偏愛し、生身の女性と深い関係を築けない、帰国子女の編集者。異端者は幸せになれるのか。幸せにできるのか。著者会心の感動作。男は必ず間違える。知っている女の声が頭で響く。誰が言っていたんだっけ。思いだせない。思いだせないけれど、頭の片隅で思う。女は花なのかもしれない。愛でられたいという本能だけで咲く花。これは謎かけなのだろうか。僕は答えをださなくてはいけないのだろうか。(本文より)

 

 

生活スタイル、性格、考え方、仕事への姿勢。何がどう変わったら、人は周囲から変わったとみなされるのかはわからないが、ほんとうの変化というものは後で気付くもののような気がする。転機でも、分岐点でも、節目でも、ターニングポイントでも、同じことだ。そして、そのポイントとは、くるりと変質した瞬間というよりは、変わるのを止めた場所なのではないかと僕は思う。変わり続けることが常の生の中で、標本箱にピンで留められた昆虫のように、ぴたりと自分のかたちが定まり、時間を止めた瞬間のことをいうのではないだろうか。つまりは定点。

 

 

「だって、女がどうしてそんなことを言うかわからないでしょう」わからなかった。あの時も今もわからない。「欲しいのは気のきいた返事でも、優しい嘘でも、不確かな約束でもないの。その瞬間の自分をわかってもらいたいだけよ。共感なの。でも、他人が他人をまるごとわかってあげることなんてできないじゃない、性別が違うんだったらなおさらよ。だから、そんなの他人に求めることじゃない。」

 

 

主人公クールです。

時間を使う人、時間に使われる人(夏川 賀央 )

「忙しくて時間がない……」「もっと1日に時間があればいいのに……」「本当にやりたいことがやれない……」そんな悩みを解決する、時間管理術を凝縮!・トヨタ流の知的生産術で、仕事のムダを省く・自分の仕事を「地図化」してみる・ナポレオン3時間睡眠の伝説・「緊急でないこと」にある可能性を見落とさない・「TO DOボード」で時間量をはかる・話は3分より「3行」でまとめなさい・一流の人間が実践している「断る技術」 ……etc世界で偉業を成し遂げた10人の成功者から、時間に追われない人生を手に入れるためのノウハウを学ぶ!

 

 

マッキンゼー出身のコンサルタント、伊賀泰代さんの「生産性」という本では「最初にアウトプットとイメージをもっておく」と紹介されていますが、つまりはレポートの出来上がりの枠組をある程度、決めておくということです。

 

 

まず一枚の紙に、「明日しなければいけないこと」を6つメモします。そして重要なものから順に123456と番号を振ります。さて翌日、このメモをもって仕事に臨みます。まず当然、1の仕事をする。それから2の仕事。まだ時間があれば、3の仕事…そこで時間切れ。では、「明日は4から」と思ったら間違いです。明日に備えて、また6つの「しなければならないこと」をメモするわけです。

 

 

聞くのは話すより3倍以上のエネルギーを必要とし、注意して聞いていられるのは24秒にも満たないといっている方もいます。

 

 

「ミスを犯してくれて大変嬉しい。あまりに慎重でほとんど何もしないのではなく、迅速に動き、たくさんのことをする会社を私は経営したい」

 

 

話すより聞くのが好きなので疲れるのですね。

「すぐ不安になってしまう」が一瞬で消える方法(大嶋 信頼)

10万部のベストセラー『「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』著者最新作! 人の言動の真意が気になったり、明日の会議がうまくいくか不安で眠れなかったり、他人がほめられているのを聞くと、急に自信がなくなってしまったり。本書はすぐ不安になってしまう仕組みを脳科学の観点から解説し、簡単なコツによって解決します。読めば読むほど不安から解放され、生きやすくなります!

 

 

「なんとかしてあげなきゃ!」と真面目に考えてしまうと、周りにいる人全員の気持ちを考えてしまうから、「たくさんの人の気持ちになって、何役もこなしている自分がバラバラになっちゃう!」と息苦しくなります。

 

 

「私がうまくいかなかったのは能力の問題ではなくて、人の気持ちばかり考えているせいで、自分の仕事に専念できなかったから」ということに気づきました。そして、雑務と思っていた仕事も真剣に取り組めるようになり、活躍できるようになっていったのです。

 

 

今まではどんな努力しても、どんなに苦しんでも、ほしいものが得られませんでした。でも、不安が雑音として処理されて頭が静かになったとき、その女性はすべてを手に入れられるようになりました。努力せずに潜在能力をフルに発揮していまうのです。

 

 

私は人を喜ばせるため、人を不快にさせないように生きてきました。人の気持ちを考えれば考えるほど不安になって、その不安を解消するために人にサービスをして、ということを繰り返してきて、それが私の生きる道、と思っていました。けれども、こうして雑音が一切ない中を突き進んでみると、「自分ってもしかして、自由に生きるために存在しているのかも!」と、自分の使命が見えてきます。「自由に生きたら、人にどう影響を与えるのか?」なんてことを、これまで考えて生きていました。「沈着冷静と瞬発力!」と唱えて、不安というノイズが一切排除された状態になると、「人に見せる行動自体がノイズだった」ということがわかります。

 

 

唱えることも大事

★-図解斎藤一人大富豪が教える読むだけで、強運になれる本(斎藤 一人)

★おすすめの本です。

 

 

あなたは、強運になりたいですか?一生、運のいい人間だと言われるような人生を歩みたいですか?もしそう考えているなら、この本をお読みください。(はじめにより抜粋)強運は、何も生まれ持ったもので決まっているのではなく、決して特別なものでもありません。本書では、誰もができるのに、ほとんどの人が実践することなく人生を送っている強運になる方法を紹介します。 「魅力出しっこゲームを続ける」、「一生懸命にちっちゃな努力をする」など、強運に恵まれ続ける幸せなお金持ちが実践している運を引き寄せる秘訣が満載です。本書は、2011年に発刊され、ベストセラーとなった『強運』を再編集し、図解を施した書籍です。読めば必ず、明日からいいことが起きる一冊です。

 

 

私の「強運の理論」から言うと、「いまの自分の実力より、ひとつ上のことに全力で取り組む人」が強運を呼び寄せるのです。

 

 

人からものを頼まれないような人は、強運じゃありません。会社のみんなから、ものを頼まれているような人は、強運です。その人が独立しても、「あの人に頼もう」ってなるんです。

 

 

「一人さんの本を読む時間があったら、カーネギーの「人を動かす」を7回読みな」って言っています。

 

 

私は、誰かと出会う以上は、何かご縁があると思っています。神様が、私と出会わせるようにしているんです。だから、「この人に自分のできることはなんだろう」って考えて、それがわかったら、実行するんです。

 

まずは自分が、魅力的な人間になる。笑顔をつくることも、悩み相談にのることも、お金を一銭もかけずにできることです。

 

 

これで強運になれました。

ネコと読む『方丈記』に学ぶ“人生を受けとめる力”(高寺あずま (著), 野田映美 (イラスト) )

日本古典文学の名作、鴨長明方丈記』の本質を、少女と猫の会話方式&イラストでわかりやすく語り直す。『方丈記』の本質とは…どんな出来事にも動じることのない”受け止める力”を描いているところ。実際、東日本大震災の直後に『方丈記』が注目されたのは、もういちど自分たちの足下を見つめ、生きていくためのヒントを得たいという想いがあったからでしょう。

 

 

あらかじめ物事は変化することを意識しておけば、たとえ大きな変化を目の当たりにしても、そんなに動揺はしない。そういうものだ、と受けとめることができる。このそういうものだという感覚が重要なのさ。

 

 

誰に言われたわけでもないのに、自発的に行動するやつらはどんな時代にもいる。その多くは、無私の精神でもって、黙々と課題の解決に取り組んでいる。

 

変化に対する弱さを少しは克服できそうです。

教団X(中村 文則)

謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

 

 

人間の身体は、無数の原子でできています。それはもう、莫大な数です。当然ながら、脳もミクロの世界で見れば、無数の原子、その結合によって形作られてます。

 

 

ベンジャミン・リベットという科学者による有名な実験です。その実験によると、人間は、何かをしようと意志を起こす時、実はその意志を起こすよりも前に、本人にもわからないところで、既に脳のその部位が反応してるというのです。どういうことでしょうか?つまり、指を動かそうとする意志よりも先に、その指を動かす役割になっている脳の神経回路が、すでに反応しているのです。その実験では、脳が指を動かそうと反応した0.35秒後に、意識、つまり「私」が指を動かそう、という意志をもつ。

 

 

そして多くの脳科学者は言います。意識は「私」を司る脳の特定の部位は存在しない。脳の大局的な働きによって意識「私」が生まれる。

 

 

「あなたと一緒で、幸せでした」「女房に、こう言わせたら、その男は勝利者だね」

 

 

ではなぜ物語が必要なのか?それはわかりません。ですが、この世界は物語を欲している。原子は、人間という存在を創り出す可能性に満ち満ちていたのだから、物語を創り出す可能性にも満ち満ちていたことになる。我々の不安定な生からなる様々な物語が何に役立っているのかはわからない。でも、世界とは恐らくそういうものなのです。世界の成り立ちに、つまり原子にその可能性が満ち満ちていたという証拠から、我々は物語を発生させるために生きていると考えていい。

 

 

原子まで細分化した創造の世界へ落ちる感覚は心地よかったです。

広告を非表示にする